夫婦喧嘩しない夫婦より夫婦喧嘩する夫婦のほうが仲が良い

仕事で忙しい夫にとってm家での食事は妻との会話を楽しむ絶好の機会です。
しかし、食事中はまったく会話もなく黙々と食べたり、テレビや新聞を見ながら食べたりしている夫もたくさんいるでしょう。
外から見たら夫婦喧嘩もしない仲の良い夫婦と思われていても、それはちょっと危険なサインかもしれません。
なぜなら、愛の反対語は無関心だからです。
べつに料理や洗濯まで手伝えといっているのではありませんが、」妻のしていることに意識を向けることはとても大切なことです。
たとえば、食事の準備をしている気配を感じたらチラッと視線を向けるだけでもかまいません。
「今日のおかずは何かな?」
夫がそんな興味や関心を持っていることは妻には空気で分かります。
妻はそれだけでそれなりに満足してくれうr物です。

また妻にしても
夫がゴルフ道具を手入れでもしていたら
「最近調子どう?」
とか

失文を読んでいる夫に
「そのニュース記事、どう思う?」
とか
無視すれば無視することは簡単なことをあえて積極的に関わっていくようにすることは夫婦円満の秘訣かもしれません。

また夫婦喧嘩をしない夫婦の共通点は「ものwかりのよすぎる夫婦」かもしれmせん。

夫は家では仕事や会社のことはあまり話したくないかもしれません。
しかし、妻は子供のことや近所のママ友の噂話など話したくて話したくて仕方がないかもしれません。
会社から疲れて帰ってきた夫にその妻のマシンガントークは辛いかもしれない。
しかし、夫婦ならあおのあたりが我慢して妻の話を聞かなければならないでしょう。
専業主婦の妻にとってはママ友以外の社会との接点の入口は夫でしかないからです。
しかし、その夫婦の会話を少しでも価値のあるものにするには「物わかりの良すぎる亭主」ではいけません。
物わかりの良すぎる亭主は
「ふーん」
「へぇ~」
そんな受け答えに終始し、それ以上「妻からの情報発信をさせないでいることなのです。
むしろ、ある程度反論するくらいの物わかりの悪い亭主のほうが夫婦円満である。
なぜならそんな物わかりの悪い亭主ほど
「なんで?」
「それから?」
「お前はどう考える?」
バンバンと逆に妻に質問を浴びせるのです。

大事なのは物わかりの良さではありm線。
物わかりが良すぎるということは、相手に興味がない証拠なのです。
夫婦の会話はきゃちボールができてこそ成立しているともいえます。
邪魔くさい
疲れてる
そんなことは十分理解していますが、ぜひ奥様との会話にも少し関心を向けてみてください。
拘束具 SM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です