夫婦が一緒にいても心が通じ合わないのはなぜ?

虚栄心が強く見栄っ張りの夫と故悪露の触れ合いを求める妻ではなかなか話が通じ合わないものです。
立派な会社に勤めていて仕事もそれなりに頑張る夫ならば対外的には素敵な旦那様とみられています。
しかし実際の家庭内においては別物
妻が手を伸ばしても夫には届かない。
その虚しさに妻にはずっとあります。
だからこそそんな心の穴を埋めるために「不倫」に走る妻も少なくありません。
しかし、もしもその不倫が夫にバレてしまったら即座に離婚か少なくとも家庭内別居になるはずです。
そんな悲劇をどうにかして避けなければなりません。

しかし、仕事人間の夫には妻との心のふれあいをもとめることに理解ができません。
結婚してもう10ねん
今さら好きだの?優しくする?だのそんなことは考えられないのです。
それが理解できる夫なら不倫に走る妻などいなくなるかもしれません。

このように結婚した妻が夫に不満を持っていてもそれを相談できる相手がいません。
妻のむなしさや寂しさを理解できる人はいないのです。
心の触れ合わない人とではどうしても話は弾みません。
家にいる時の夫婦の会話も噛み合いません。

「俺は課長になった、同期の◎◎はまだ係長だ」
「こんなに仕事に頑張っている夫はほかにいないだろ!お前はシワ背ものだ」
そんな話題ばかりかもしれません。
まるで経済的に余裕のある生活をさせていれば妻と子供は幸せである
そんな負に考えているかもしれません。

年老いた定年間近の夫に復習をする妻の熟年離婚が増えています。
仕事はできても家事などは一切できない夫に妻が三行半を叩きつけているのです。
そんないきなり離婚話をしてくる妻に夫にはとても理解できないでしょう。
「俺の何が悪いというんだ」
そんな気持ちだと思います。
しかし、その時にはもう修復できないくらい夫婦の関係は冷めきっています。

長年連れ添ったからといって必ずしも「心が通じ合っている」とは言えないのです。
熟年離婚をする夫婦はじつは長年かけて表面上のコミュニケーションしか行っていない他人同然なのです。
夫婦なのに誰に向かって話しtれいるのかわからないような話ばかりをする
そんなエリートサラリーマンの夫婦こそ危ないのです。

定年稲荷夫は暇になる。
妻はもう子育てからもい解放されています。
そんな状況で心も通じていない夫婦が会なにを喋ればいいん簿でしょうか?
ですからいつも夫婦で話し合える話題を探しておきましょう。
共通の趣味を持つのはとても良いことです。
それが無理なら、どこか旅行の契約でもいいでしょう。
そんな共通の目的があればきっと気持ちのキャッチボールができます。
それが心の通じ合う夫婦の第一歩かもしれません。
署名ドットコム 評判 感想