妻のわがままはどこまで許される?

結婚する時に
「婚約指輪のダイヤが小さ
と文句をいった奥様も多いかもしれません。
しかし、それを言えるのも結婚前までです。
えっ今後はそんなわがままを言ってはいけません。
それなら、あなたの希望する大きさのダイヤの婚約指輪を買える暖mン世と結婚すべきだったもですからね。

「彼女のわがままはかわいい」
という男性はても
「妻のわがままはかわいい」
という夫はいません。

たまのデートで
食事をおごってもらう?
ドライブで遊園地に行く?
そのお金は全部彼氏のお金
それは当然と言えば当然かもしれません。
しかし、それが結婚後になると話は別です。
結婚後は夫が頑張って稼いできたお金ですから

妻が
「私 朝起きられなう人なの。だから自分で朝ご飯は用意して食べて行って」
そんなわがままは共働きで夫以上の収入がある妻しか言えないわがままです。
夫が「発泡酒じゃなくて美味しいビールが飲みたい」と言ったら「私は今日はワインの気分なの。だからワインを買ってきたからビールじゃなくてワインよ!」
そんな妻ならいつか夫の怒りは爆発します。

ママ友たちとディズニーランドに行く時に夫が1万円を渡したら
「これじゃあディズニーグッズのお土産も買えないわ!」
という前にそもそもお金の管理は妻が全て掌握しているかもしれませんね。

どちらにせよ、妻のわがままはほどほどにしておくべきだと思います。
それはより夫が強い男になってもらうためである。
それはやがて妻のあなたに良い結果を及ぼします。
夫は強い男になっていけばいくほど、あなたは妻としてのステイタスも上がっておくのです。
それは金銭的収入の面でも
他のママ友に対してもです。
それが妻の顔色だけをうかがうような弱い男になってしまった夫に
出世や金儲けなどは期待できないのです。
もし、妻の顔色をうかがうだけの夫が金銭的に収入を得ることが出来たbのなら、さっさと愛人を作って離婚の準備をするのは間違いありません。

できる男はみんな素晴らしい妻を選んでいます。
厳しいことを言えばうだつの上がらない夫の原因は妻のあなたも大きな理由のひとつかもしれません。
今の夫があなたを妻として選んだのと同じように、妻のあなたも今おおっとえお結婚相手として選んだのです。
ですから他人の夫と自分の夫を比べる前に、他の奥様と自分を比べてみてください。
割れ鍋に綴じ蓋
しおれが夫婦なのです。

妻のわがままはほどほどにしておきましょう。
それが妻自身にもよいことなのだから・・・
自衛官 結婚したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です