夫や妻への愚痴は「明るく」「さらり」と話す

夫婦が一緒にいいる限りなんらかの不平や不満の愚痴はつきものです。
みんな100%完璧な人間はいません。
そんな時には愚痴のひとつも言いたくなるでしょう。
しかし夫婦でそれをストレートにぶちまけてしまうと大きな夫婦喧嘩にまで発展してもはや関係修復できない大きな溝にまでなる恐れもあります。

夫婦の不平不満の愚痴はできるだけ
「明るく」「さらり」と話すようにしましょう。

例えば妻からネチネチと不平不満の愚痴を聞かされたとします。
すると夫は今度は反対に妻への不平不満を言い返したくなります。
しかし、「明るく」「さらり」と愚痴を言われたら・・・

どきっとして次は失敗しないように努めようとします。

愚痴ほど人を不快にするものはありません。それは口が起こったことをすべてマイナスの観点からとらえるために思わず出てしまうものだからです。
いわば愚痴はマイナス思考の塊
減点法でしかありません、
できれば加点法が夫婦円満の秘訣です。
あなたが夫や妻から優しくされ続けたい!そう願うのであればひとまず愚痴を控えましょう。
どうしても愚痴りたい時だけ「明るく」「さらり」と話しましょう。
実家 解体 費用 兄弟

■もめごとの種はできるだけ早めに解決を
恋愛と毛婚は違います。
恋愛は二人だけの世界で成り立ち、お互いの相手に対する責任はありません。
しかし、毛婚は二人でひとつの家庭を築いているという責任ある夫婦共同作業です。
さらには二人だけの世界では「子供」「両親」「親戚」などそれぞれの家族との関係に非常に大きな影響を及ぼします。

不平不満の愚痴の種は早めに解決するのがベターです。
我慢はいつか爆発します。
そうすると取り返しのつかない事態にまで発展すぅるのです。
売り言葉に買い言葉
互いの本心とは別に思わぬ事態に発展したた、もう夫婦二人だけの問題だけではなくなります。

もめごとの種を早めに解決するためにも
愚痴は「明るく」「さらり」と話しましょう。
それが一番の得策ですよ。
出来ぬ堪忍、するが堪忍
こっちは全部お見通し
そんな立場から愚痴は言ってください。

くれぐれも愚痴を言う時は相手も言い訳できるような逃げ道を作っておくのも大切です。
窮鼠猫を噛む
逃げ道がないほど追いつめる不平不満の愚痴はもう最終的な結論にまで発展してしまいます。
そんな逆襲が逆に夫婦にとって良い結果とはならないことも多いのです。

「やっぱりオレモワルカッタカナァ・・・」
「わたしも気が付かなかったわ」
そんな夫婦の気づきを与える良い愚痴にしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です