キャラクターの発言や行動がマイルドになりつつある

倫理的にはセーフであるものの、発言の節々に刺があったのが昔のアニメの特徴であると思っています。他方、最近のアニメの登場キャラクターは発言内容がマイルドになりつつあると感じられます。

昔の、たとえば未来のロボットが登場する国民的アニメを例とすれば現在との差は明らかです。何をやっても良い成績を挙げることがないキャラクターに対して、青いロボットはキツイ言葉ばかりをかけていました。「お前は本当に馬鹿だ」「もう面倒を見きれないほど呆れているよ」などと、大人でも第三者から言われれば落ち込んでしまうような言葉が平気で飛び交っていました。それを観ていた過去の私は、言葉に刺がありすぎるロボットだと思ったものです。現在では、劣等生であると登場人物に対して、青いロボットは可能な限り優しい言葉を掛けるようにしている印象を持ちます。

ここまでの変化は、多かれ少なかれ他のアニメでも童謡のことが言えます。他の国民的アニメを比較してみても、他者に手を挙げるようなシーンが昔は多かったように記憶しています。その一方、最近は何故か周囲の人々を思いやることを第一にするような信条を感じます。時代が変われば、アニメキャラクターの発言や行動も変わるのだと思いました。プロミス審査

“キャラクターの発言や行動がマイルドになりつつある” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です