お金を使うための手間を増やして強制的に現状を確認させる

 今は100円もしないジュースやお得な価格のお菓子等、安いものがたくさんあります。そうすると少しぐらいとついつい買ってしまって気がつけば想定していた以上にお金を使ってしまっていた、ということが多いでしょう。これを防ぐためにはいくつかお金を使う際の手間を増やし、セーフティを作っておいたほうが良いと思います。

 まず貯金用の口座を作ります。ここに使ってはいけない分のお金を入れたらキャッシュカードは作らないようにします。通帳と違ってキャッシュカードはどこでも使えてしまうため、これを使えないようにしてお金を引き出す際の手間を強制的に増やしておくのです。自分にとって不便な銀行ならなお良いと思います。

 次に一日あたりの生活費を設定し、それを超えないようにメモを取ります。自分がどれぐらいお金を使っているかを毎日確認するためです。このメモは一日で捨ててもかまいません。家計簿みたいにしてしまうとそれに書き込むためのデータを取っておき家で記入するというように手間がかかるためです。継続するために必要な手間は減らしましょう。

 そして生活費は一度ではなく、複数回にわけて下ろすようにしましょう。お金を使う手間を増やすというのもありますが、これによって毎回残高を確認することになり自分の現状を把握することが出来ます。預金残高が減っていくのを何度も見れば嫌でも危機感を持つようになるでしょう。バンクイック 審査基準

“お金を使うための手間を増やして強制的に現状を確認させる” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です