妻のわがままはどこまで許される?

結婚する時に
「婚約指輪のダイヤが小さ
と文句をいった奥様も多いかもしれません。
しかし、それを言えるのも結婚前までです。
えっ今後はそんなわがままを言ってはいけません。
それなら、あなたの希望する大きさのダイヤの婚約指輪を買える暖mン世と結婚すべきだったもですからね。

「彼女のわがままはかわいい」
という男性はても
「妻のわがままはかわいい」
という夫はいません。

たまのデートで
食事をおごってもらう?
ドライブで遊園地に行く?
そのお金は全部彼氏のお金
それは当然と言えば当然かもしれません。
しかし、それが結婚後になると話は別です。
結婚後は夫が頑張って稼いできたお金ですから

妻が
「私 朝起きられなう人なの。だから自分で朝ご飯は用意して食べて行って」
そんなわがままは共働きで夫以上の収入がある妻しか言えないわがままです。
夫が「発泡酒じゃなくて美味しいビールが飲みたい」と言ったら「私は今日はワインの気分なの。だからワインを買ってきたからビールじゃなくてワインよ!」
そんな妻ならいつか夫の怒りは爆発します。

ママ友たちとディズニーランドに行く時に夫が1万円を渡したら
「これじゃあディズニーグッズのお土産も買えないわ!」
という前にそもそもお金の管理は妻が全て掌握しているかもしれませんね。

どちらにせよ、妻のわがままはほどほどにしておくべきだと思います。
それはより夫が強い男になってもらうためである。
それはやがて妻のあなたに良い結果を及ぼします。
夫は強い男になっていけばいくほど、あなたは妻としてのステイタスも上がっておくのです。
それは金銭的収入の面でも
他のママ友に対してもです。
それが妻の顔色だけをうかがうような弱い男になってしまった夫に
出世や金儲けなどは期待できないのです。
もし、妻の顔色をうかがうだけの夫が金銭的に収入を得ることが出来たbのなら、さっさと愛人を作って離婚の準備をするのは間違いありません。

できる男はみんな素晴らしい妻を選んでいます。
厳しいことを言えばうだつの上がらない夫の原因は妻のあなたも大きな理由のひとつかもしれません。
今の夫があなたを妻として選んだのと同じように、妻のあなたも今おおっとえお結婚相手として選んだのです。
ですから他人の夫と自分の夫を比べる前に、他の奥様と自分を比べてみてください。
割れ鍋に綴じ蓋
しおれが夫婦なのです。

妻のわがままはほどほどにしておきましょう。
それが妻自身にもよいことなのだから・・・
自衛官 結婚したい

夫や妻への愚痴は「明るく」「さらり」と話す

夫婦が一緒にいいる限りなんらかの不平や不満の愚痴はつきものです。
みんな100%完璧な人間はいません。
そんな時には愚痴のひとつも言いたくなるでしょう。
しかし夫婦でそれをストレートにぶちまけてしまうと大きな夫婦喧嘩にまで発展してもはや関係修復できない大きな溝にまでなる恐れもあります。

夫婦の不平不満の愚痴はできるだけ
「明るく」「さらり」と話すようにしましょう。

例えば妻からネチネチと不平不満の愚痴を聞かされたとします。
すると夫は今度は反対に妻への不平不満を言い返したくなります。
しかし、「明るく」「さらり」と愚痴を言われたら・・・

どきっとして次は失敗しないように努めようとします。

愚痴ほど人を不快にするものはありません。それは口が起こったことをすべてマイナスの観点からとらえるために思わず出てしまうものだからです。
いわば愚痴はマイナス思考の塊
減点法でしかありません、
できれば加点法が夫婦円満の秘訣です。
あなたが夫や妻から優しくされ続けたい!そう願うのであればひとまず愚痴を控えましょう。
どうしても愚痴りたい時だけ「明るく」「さらり」と話しましょう。
実家 解体 費用 兄弟

■もめごとの種はできるだけ早めに解決を
恋愛と毛婚は違います。
恋愛は二人だけの世界で成り立ち、お互いの相手に対する責任はありません。
しかし、毛婚は二人でひとつの家庭を築いているという責任ある夫婦共同作業です。
さらには二人だけの世界では「子供」「両親」「親戚」などそれぞれの家族との関係に非常に大きな影響を及ぼします。

不平不満の愚痴の種は早めに解決するのがベターです。
我慢はいつか爆発します。
そうすると取り返しのつかない事態にまで発展すぅるのです。
売り言葉に買い言葉
互いの本心とは別に思わぬ事態に発展したた、もう夫婦二人だけの問題だけではなくなります。

もめごとの種を早めに解決するためにも
愚痴は「明るく」「さらり」と話しましょう。
それが一番の得策ですよ。
出来ぬ堪忍、するが堪忍
こっちは全部お見通し
そんな立場から愚痴は言ってください。

くれぐれも愚痴を言う時は相手も言い訳できるような逃げ道を作っておくのも大切です。
窮鼠猫を噛む
逃げ道がないほど追いつめる不平不満の愚痴はもう最終的な結論にまで発展してしまいます。
そんな逆襲が逆に夫婦にとって良い結果とはならないことも多いのです。

「やっぱりオレモワルカッタカナァ・・・」
「わたしも気が付かなかったわ」
そんな夫婦の気づきを与える良い愚痴にしましょうね。